三月のご挨拶 -2018-

春らしい日が続いています。梅の花も終わり、「桜の開花日」のうわさがちらほら…。そうそ、フキノトウも今年はたっぷり味わいました。杉の花粉もたっぷり飛んでいるらしく、鼻や目がムズムズ、こっちのほうはいただけません…。突然ですがACEのメンバーが一人増えました。…といっても、まだ2月の終わりに生まれたばかりの女の子。

晩婚の息子たち、子供は神様にお任せと言っていましたが、「ここに生まれたら楽しいかな?」って我が家を選んでくれた天使がいたようです。年の割には超新米の父母、そしてもちろん祖父母も。みんなそろって、ちょっとしたことに一喜一憂、泣き声に振り回されている真っ最中です。元気に生れてくれたことに感謝し、心も体も健康でのびのび育ってくれたらと思います。

そんなこんなで、ベランダのことまで手が回らない日々ですが、そこはうまくできているようで、朝いっときの水やりできれいな花を咲かせてくれています。アネモネも花一つで終わりかと思ったらもう一つつぼみが。なんだかうれしい春です。

今年もちゃんとお雛様飾りました。
先月と同じような写真でごめんなさい。

この春、ほやほやの人間(?!)とのお付き合いが始まったわけですが、相手はまだまだ言葉がしゃべれず、思いを伝えたいときは、ただただ泣きわめくだけ…。パソコンだって口はきけないし、時々的外れのエラーメッセージを表示するけど、そこは長い付き合い、言いたいことは大体わかります。一方、泣いてるおちびさん、どうして欲しいのかわからないことばかり。ま、これから長いおつきあい、お互い理解しあいながら仲良くやっていきましょ。よろしくね!

赤ずきんちゃんの散・歩・道さんありがとう。
---素材、利用させていただきました。---