一月のご挨拶 -2019-


穏やかなお正月となりました。ゼロ歳の新人を加えてお屠蘇を酌み交わし、おせちをつまみながら新年を祝いました。例年母が作ってくれる雑煮、今年は私に任され、自分なりの味でしたが、なんとか皆に喜んでもらえたようです。チビがいるので、元旦は行列待ちの参拝は避けお墓参りだけに。そして今日二日、奥沢神社にお参りに行ってきました。これで一応、年末年始の行事ほぼ終了。ほっとしているところですが、体力の衰えた母の代わりに、「これまで通りの年末年始を!」と無理をしたため途中で体が悲鳴を上げ、まだ後を引いています。これからは新しい家族の力を借りながら、少しずつ自分たちの年始の迎え方を考えていかねばと思います。

  

さて、今年もやっぱりおみくじの話題。心の準備なくの大吉でした。だって、こんな体調で大吉なの?って気持ち。そんな心も神様はお見通しなのか、今は枯れ木のように見えても春には美しい花が咲くというようなことが書かれていました。何事もあきらめずがんばれってことか…。

新しい年明け、何はともあれ、ことしは明るい気持ちで、む?ちょっと暗い気持ちの時も、なるべくなるべく明るい話題で…。そんな「季節のご挨拶」を心がけていきたいと思っています。本年もよろしくお願いいたします。



「イラストマンション」さん、「イラストAC」さん
Bg-patternsさんありがとう。
---素材、利用させていただきました。---